GameSaladを始めてみた

ドラッグ&ドロップでゲームを作成できるらしい「GameSalad」を始めてみた


<< 画面を切り替えてみる(3 / 3) | main | 衝突判定をしてみる(2 / 5) >>



衝突判定をしてみる(1 / 5)

前回まで、アクターの配置シーンの移動などの動きはできるようになったと思います。
今回はゲームっぽく衝突判定をしてみたいと思います。


今回の目標:衝突判定を使って迷路ゲームを作る

キャラクターが初期位置からキーボードの矢印ボタンで移動し、
ゴールまで辿り着いたらクリア……という
簡単な迷路ゲームを作ってみようと思います。



完成予定画面





手順
1.キャラクターとゴールなどのアクター作る
2.キャラクターをキー入力で移動させる
3.ゲームクリアのシーンをつくる
4.ゴールに触れたときのシーンの移動処理を作る
5.障害物となる壁を作って衝突判定をする



新しいプロジェクトを作るところまでは、前回のセクションの通りです。





まずは基本となるアクターを作成します。


ライブラリウィンドウから「アクターの作成」ボタンを押します。




今回は、キャラクターゴール3つのアクターを使用するので、
先に作っておきます。


アクター1」が作られると「アクターの作成」ボタンが消えるので、
」ボタンを押してアクターを追加します。






分かりやすいようにアクターの名前を変更しておきます。
アクター1」などをダブルクリックし、
自分の分かりやすい名前に変更しておいて下さい。

今回は「キャラ」、「ゴール」、「」という名前にします。




次にアクターにイメージをドロップします。

今回は50×50ピクセルくらいの画像を扱っています。
画像は適当に用意して下さい。


僕の以下の画像を適当に用意しました。

キャラ




ゴール










アクターにイメージを入れ込んだら、今度はステージに配置します。


ライブラリウィンドウから「キャラ」をドラッグ&ドロップ
ステージに持ってきます。




キャラクターがゴールを目指すゲームなので、
キャラ」と「ゴール」は少し離しておくのがいいでしょう。




」は後々配置していくので、現時点ではとりあえず配置しないでおきます。


つづく……


衝突判定をしてみる(1 / 5) << Now
衝突判定をしてみる(2 / 5) << Next
衝突判定をしてみる(3 / 5)
衝突判定をしてみる(4 / 5)
衝突判定をしてみる(5 / 5)
posted by こもたん 05:09comments(0)|-|


この記事に対するコメント