GameSaladを始めてみた

ドラッグ&ドロップでゲームを作成できるらしい「GameSalad」を始めてみた


<< プロジェクトを作ってみる | main | 画面を切り替えてみる(2 / 3) >>



画面を切り替えてみる(1 / 3)

前回のセクション「プロジェクトを作ってみる」では、
何も動かない空のプロジェクトを作るところまでやったと思います。

今回は少し動くことをやってみようと思います。


今回の目標:画面の切り替え

一番最初の画面にあるボタンを押した時に、次の画面の移動する方法の作り方をやってみたいと思います。

手順
1.最初の画面にボタンをおく
2.移動後の次の画面を作る
3.ボタンを押したときの処理を作る



新しいプロジェクトを作るところまでは、前回のセクションの通りです。


まずは画面にボタンを作ります。

画面の左上あたりにあるライブラリウィンドウから
人の顔のアイコンをしたアクターを選択します。



そして、その中にある「アクターの作成」ボタンを押します。




すると、「アクター1」という項目が追加されると思います。



アクターとは、日本語で「俳優」と訳されるように、
ゲーム内に登場するキャラクターであったり、障害物であったり、
そういう「動かしたりするモノ」という認識で間違ってないと思います。

アクター1」をダブルクリックすると、名前を変更することもでき、
自分の識別しやすい名前をつけることもできます。

今回はテスト用なので、「アクター1」のままとします。



つぎにアクターに絵を入れます。

その「アクター1」を選択します。




そして、左側の真ん中あたりにある属性ウィンドウにある
アクター」を選択します。




すると、「イメージをここへドラッグする」という表示が出ると思うので、
適当な画像ファイルをドラッグして下さい。





僕は適当に自分のアイコン画像に使っているファイルをドロップしました。


そうしたら、左上のライブラリウィンドウの「アクター1」にも
ドロップされた画像が反映されていると思います。



これでアクターの下準備はできました。



つぎに、アクターをステージに配置します。


ステージとは、実際に画面に表示されるところです。

左上のライブラリウィンドウにある
アクター1」をドラッグ&ドロップでステージウィンドウに持ってきます。



拡大・縮小や回転などが自由に行えるので、適当にいじってみて下さい。

今回の目標では、この画像がタッチされた時に次の画面へ移動する予定にしています。


つづく……


画面を切り替えてみる(1 / 3) << Now
画面を切り替えてみる(2 / 3) << Next
画面を切り替えてみる(3 / 3)
posted by こもたん 18:29comments(0)|-|


この記事に対するコメント