GameSaladを始めてみた

ドラッグ&ドロップでゲームを作成できるらしい「GameSalad」を始めてみた


<< GameSaladをダウンロード | main | プロジェクトを作ってみる >>



GameSaladをインストール

前回のダウンロードの続きでインストールを行います。

一応、僕のやった手順を書きますが、
正直ちょっとわからない部分もあり、自己責任でお願いします m(__)m




ダウンロードされたこの実行ファイルをダブルクリックして、
インストールを開始します。



まずは言語の選択です。
僕は母国語が日本語なので、「日本語(日本)」を選択し
OK」で次の画面に進みます。




すると、日本語のようこそ画面が出たので、「次へ」で進みます。




次に仕様許諾契約の画面が出ますので、内容を読んで同意できるなら
同意します」を選択後、「次へ」で進みます。




次に、ショートカットの作成の選択画面がでますので、
デスクトップにショートカットを作成したい場合はチェックして、
次へ」で進みます。




インストールの準備が整ったようなので、「インストール」を押して次へ進みます。


すると……



こんな画面がでました。

これはおそらくWindows版GameSaladが、MicrosoftのVisual C++ 2010で作成されおり、
Visual C++ ライブラリのランタイムコンポーネントをインストールしないと動かないようです。

なので、ライセンス条項を読んで、同意してランタイムをインストールします。



インストールが終わると「完了」を押して次へ進みます。



そうしたら、今度は……



こんな画面がでました。

Windows版GameSaladでは、Haali Media Splitter(ハーリメディアスプリッター)という
ビデオ/オーディオファイルを分離するためのDirectShowフィルタを使っているのでしょうか?

よく分からないけど必要そうなので、これも同意してインストールします。



I Agree」で同意します。




インストール先を選択して……
そのまま「Next」でも可




スタートメニューのショートカットを決めて……
そのまま「Next」でも可




サポートする音楽ファイルの種類でしょうか???
これは正直よく分からないけど、そのまま「Install」でいいんじゃないかな???(^^;




そうしたら、ようやくHaali Media Splitterのインストールが完了です。
Close」で閉じます。


それを閉じると、そのままプログレスバーの目盛りが増えて行き、






ようやくGameSaladインストールが完了です。

ご苦労様でした。
これでようやく開発できる環境が整いました。


そのまま「完了」を押すと、GamaSalad Creatorが起動します。



posted by こもたん 21:24comments(1)|-|


この記事に対するコメント











管理者の承認待ちコメントです。
- | 2013/09/06 3:20 PM